やっぱりグッピーが好き

  • 2019.09.27 Friday
  • 03:09

 

 

こんにちは。

三度の飯よりパンが好き のばら です。

塩バターロールじゃなくて、普通のバターロールが食べたいです。

前も書いた気がする…。

 

 

 

 

さて、なんとなく昔の記事を読み直していたら

 

「もうグッピーの飼育やめるわ」

 

って記事を書いてました。

 

 

 

 

なんと !! 自分ですっかり忘れていた !!

 

自分の発言には責任を持ちましょう…。

 

 

 

 

件の記事を書いたのは 2018 年の 12 月。

 

 

確かにこの頃、調子が悪かったんですよね。

 

 

外部フィルターを導入して濾過能力はアップさせたし、

どういう訳かカマラヌスが姿を現さなくなって

 

 

上り調子になってもいいはずなのに

 

 

オスは次々に尾ぐされ病に

メスは産仔後にパタッと死に

せっかく生まれた稚魚も、針病になる間もなくバタバタと★に。

 

 

原因もわからないままの全滅危機だったので、ちょっと疲れておりました。

 

 

 

 

でもその後色々ありまして、

 

今はグッピー専用水槽が 2 台になっています。

 

 

 

 

持ち直したきっかけは、2018 年 7 月に生まれた

国産ギャラクシーグラスの仔 2 匹。

 

秋が過ぎ冬になって、体格的には成熟しているはずなのに全く産仔せず。

 

他のグッピーが次々★になり、

「この子たちも死んじゃうのかな…」と思っていたのですが

 

 

 

この 2 匹は全滅危機を免れて

2019 年 3 月に相次いで産仔してくれました。

 

 

 

 

約 7 カ月ぶりのグッピーの産仔に、私のテンションは爆上がり ↑↑

 

 

 

 

水槽の環境自体は全滅危機の時とほとんど変わっていなかったので

母グッピーのこともチビグッピーのことも心配していたのですが、

 

 

その後周期的に 2 匹が産仔してくれて。

そしてチビ達もほとんど落ちることなく成長してくれて。

 

 

 

 

こうなったら当然、

 

グッピー愛が再燃しますわよね (*´ω`*)

 

 

 

 

何度見ても産仔シーンは感動します。

生まれたチビたちのなんと可愛いことか。

 

大雑把な繁殖しかさせていないけれど、それでも成長したグッピーは美しい。

 

 

 

 

やっぱりグッピーっていいよね (*´ω`*) ♡♡♡

 

 

 

 

グッピーが次々と犠牲になった、あの魔の 7 カ月間はなんだったのか…。

 

結局今でも原因がよくわかりません。

同じ轍を踏まないためにも、できれば原因ははっきりさせたいのですが

わからないものはわからない…。

 

 

 

 

グッピーの久々の産仔で浮かれていたのも束の間、

メイン水槽でトラブルが発生し (いずれ記事にするかも)

 

ともかくグッピーを救わねばと思って、その際にグッピーのみの水槽を立ち上げました。

 

 

 

 

元気です。

 

 

 

 

小さいトラブルはちょこちょこあるけども。

 

 

 

まだまだ自分の飼育スキルに自信などないですが、

グッピーは飼っていて楽しいので、できればずっと飼い続けたいですね。

 

 

 

グッピーの写真は無いのか、って ?

 

 

無いよ。

 

 

 

グッピー、静止してくれないから撮れないんだもん。

どのコも唯一無二の色模様をしているので、記録に残したいんですけどね。

 

 

他の飼い主さんたちの素敵な写真を拝見して毎日癒されております。

みんな凄いなぁ。

 

 

 

まだまだ未熟な飼い主。でもがんばります。

 

それでは、またね。

 

 

 

 

#ブログ #アクアリウム #熱帯魚 #グッピー

ヘビ映画の違和感

  • 2019.09.25 Wednesday
  • 01:12
評価:
価格: ¥ 1,000
ショップ: 楽天ブックス

 

 

こんにちは。

とうとうエクササイズマシーンを買ってしまいました のばら です。

あと水着も。

体重崖っぷち。

 

 

 

 

みなさん、ヘビは好きですか ?

 

 

私はわかりません。

 

 

ヘビ映画めっちゃ見ます。

でも飼いたいとは思いません。

 

 

動物園ではヘビのコーナーに居座ります。

でも庭で不意に出会うとぎょっとします。

 

 

好きなのか嫌いなのか、どっちだろう ??

 

 

 

ヘビ映画はそこそこの数見ましたが、「好き」「おもしろい」と思えるのは

 

「アナコンダ」と「スネーク・フライト」

 

の二つだけ。

 

 

 

あとはどれもイマイチ。

 

 

 

 

低予算映画はそんなもんかな〜と漠然と思っていましたが

ちょっとしたきっかけで

 

 

大半のヘビ映画がおもしろくない理由

 

 

に気付いたので、今日はそのしょーもない話を若干上から目線でしますよ。

 

 

 

 

 

暖かい時期って、ヤモリが出没しますよね。

 

 

 

最近たまたまヤモリのハンティングシーンを目にしたのですが、

 

 

素早い !!

 

 

 

 

獲物に狙いをつける時に時間をかける動物は結構います。

 

 

 

カメレオンとか

ハシビロコウとか

カラカルとか

鮭を狙っている時の熊とか。

 

 

 

 

でも、ハンティング自体は一瞬。

 

 

シャッと捕まえて、パクッと口に入れちゃう。

 

 

 

 

ヤモリのハンティングシーンを見ながら、

 

 

「早いよな〜。大抵こんな感じだよな〜。

 獲物をじわじわと飲み込む不気味な食べ方するのって、ヘビくらいじゃないかしら。」

 

 

 

 

……… !!!???

 

 

 

 

そうか !! ヘビの独特の魅力 (?)は

 

ここにあったのね !! Σ( ̄□ ̄|||)

 

 

 

 

 

ヘビも狙いを定めるのには時間をかけるし、捕まえるのは一瞬だったりしますけど。

 

 

 

その後の食べ方が独特な気がするのよね。

 

 

 

獲物にぐるぐると巻き付き

全身の筋肉で締め上げて窒息させて骨を折り

かぱぁーっと口を開けて、獲物を頭からゆっくりと丸呑みしていく…

 

 

 

 

怖い。怖すぎる。

 

 

 

 

飲み込んだ後も怖いよね。

 

犠牲になった獲物が、ヘビの体のどこを移動しているのかわかるんだもの。

 

 

 

実際にヘビが獲物を飲み込んだ後の姿を見たことがある人はいるかしら。

 

 

不自然にびよ〜と伸びる縞模様、銭形模様。

(シマヘビとマムシを見たことがあるの。)

 

 

 

 

ほんっとうに不気味よ。

 

 

でもそれでこそヘビなのよ !

 

 

 

 

人間はそんな食べ方、しないじゃない ?

 

 

 

自分が飼ってる可愛い犬や猫がそんな食べ方でエサを食べたら

 

大抵の飼い主は気絶すると思うわ。

 

 

 

 

 

ヘビはあの独特の雰囲気と能力があってこそのヘビなのよ。

 

ほとんどのヘビ映画は、そのヘビ独特の不気味さがないからつまらないのよ !

 

 

 

 

すごい発見だわ !! 私的に !!

 

 

 

 

 

「アナコンダ」には、そのヘビの魅力があったのね。

 

 

悪役 ジョン・ボイト がヘビに捕まって

 

ぐるぐる巻きにされて

ギリギリと絞められて

顔の骨が折れて歪んで

頭からゆっくりと丸呑みされて

その後胃酸で溶けかけた体を吐き出される

 

 

 

ぎええぇぇぇぇ―――― !!! Σ( ̄□ ̄|||)

 

 

 

書いてるだけで怖いわ !!!

 

 

 

 

 

「アナコンダ2」も悪くはないけど、「2」はそもそもヘビの出番が少ない。

 

「3」と「4」は駄作よ。

 

 

 

 

科学実験のせいで巨大化、狂暴化したというお決まりの設定に加えて

 

ヘビの尻尾にトゲとかついちゃって。そのトゲで獲物を串刺し。

 

牙 ? 歯 ? で丸かじり。

 

 

 

 

ヘビ映画の意味なし。

 

 

 

そりゃつまらないはずよね〜。

 

 

 

 

 

もっと酷い映画になると、

 

ヘビが蛇行しないでナメクジかムカデのように移動している場合もあるわよ。

 

 

 

 

蛇行 !  蛇行しましょうよ ! ヘビなんだから !

 

とぐろ巻いたり、鎌首もたげたりしましょうよ !

 

ヘビなんだから !

 

 

 

 

 

ヘビの特徴を無視して映画を作るなら

 

ウナギでもドジョウでもオオサンショウウオでもいいじゃないの、ねぇ ?

 

(ちなみに、ウナギのB級映画は実際にあるわよ・笑)

 

 

 

 

 

あと毒とかもうちょっと有効に使って欲しいわよね。

 

ガラガラヘビやコブラの特徴なんかも取り入れて欲しいわ。

 

なんでもかんでも、巨大化狂暴化させとけばいいってもんじゃないと思うの。

 

 

 

 

 

ヘビ映画がイマイチつまらないのは、

 

ヘビの能力と雰囲気を生かし切れていないからなのね、きっと。

 

 

 

 

ヘビ好きさんがB級ヘビ映画を観たら、

 

「コレジャナイ感」半端ないんだろうな〜。

 

感想を聞いてみたいですね。

 

 

 

 

ここ数年はサメ映画ブーム。

 

サメ映画も大好物ですが、そろそろ他のモンスターパニック映画も見たいです。

 

その動物の能力をできる限り活かした設定にしていただきたいですな。

 

 

 

 

…無理かな (´Д`)

 

 

 

 

あなたはB級に何を求めているんだ、って言われそうですね (苦笑)

 

 

 

 

…ところで今回の記事、字面だけ見たら 

 

私相当ヤバイ人じゃない ?

 

物騒なフレーズの羅列 ( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

それだけヘビの能力が独特で優れているってことよ。

 

 

おもしろいヘビ映画があったら教えてくださいな〜。

 

 

 

 

#ブログ #映画 #B級映画 #アナコンダ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクアリウムと、ハムスター

  • 2019.09.14 Saturday
  • 04:10

 

 

こんにちは。

最近自宅で足の小指を強打し、病院に行ったら

打撲 と言われました。マヌケすぎる…(ノД`)・゜・。

 

 

 

 

さて。

 

 

わたくし、最近ハムスターを飼い始めました。

 

 

 

…もう 5 カ月経ったから最近ではないな。

いかにもブログのネタになりそうなことを放置してしまう、天性のものぐささ (;´∀`)

 

 

 

 

哺乳類を飼うのは人生で初めてです。

 

 

 

最初にゴールデンハムスターを買い、

1 カ月お世話をして少しずつ慣れて自信もついたので

次いでジャンガリアンハムスターを飼い始めました。

 

 

現在熱帯魚の水槽の横に

ジャンガリアンとゴールデン、それぞれのケージが並んでおります。

 

 

 

 

どんな生き物も飼育をするのは大変なのですが、

 

私の場合、ハムスターよりも熱帯魚に手こずっております (;´Д`)

 

 

 

 

ハムスターは哺乳類。人間も哺乳類。

同じカテゴリにいる動物同士なので、

 

なんとなく生態に想像がつくんです。

 

 

 

食べて

寝て

走って

 

 

 

暑い時にはひんやりしたアルミプレートや陶器の巣箱で体を冷やし

寒い時には巣材を集めて暖をとる。

 

 

眠たい時にうとうとしたり

ご機嫌が悪いと鳴いたり威嚇したり噛みついたり。

(もちろんそういうことの無いように細心の注意を払ってますよ)

 

 

 

 

そして何より、人間と同じ空気を吸って生きている。

 

 

 

 

病気に関しても同じ。

 

毛が抜けた

できものができた

骨折した

癌になった

 

なんとなく想像がつく。

 

 

 

 

 

それに比べて魚ときたら。

 

魚のことなんて何もわかりませんよ。

 

 

 

 

機嫌がいいのか悪いのかわからない。

寝てるのか起きてるのかよくわからない(わかる時もある)。

リラックスしてるのかストレスに耐えてるのかわからない。

暑いのか寒いのかわからない。

魚同士どう思ってるのかわからない。

人間のことを何だと思っているのかわからない。

 

 

 

そもそもエラ呼吸って何。

 

 

 

理屈としてはわかりますよ。

水中の酸素をエラから吸収しているのよね。

 

 

 

それってつまりどういうこと ?

 

 

 

想像がつかないのよね。

だって人間は水の中では空気を吸えないんだもの。

空気自体は存在しているはずなのに。

 

 

 

 

水の中の環境どうかなー

水質大丈夫かなー

 

と思っても

 

 

水槽に顔を浸けて確認とかできないじゃない ?

 

 

 

水質をチェックするためのテスト用紙はあります。

私も持ってます。

 

 

ph

アンモニア

硝酸

亜硝酸

塩素酸素二酸化炭素窒素…その他もろもろ

 

 

 

 

習ったような習ってないような。

 

 

 

 

魚がエサを食べて

排泄して

その排泄物をバクテリアが分解して…

 

うんぬんかんぬん。

 

 

 

 

ハムスターのトイレ (尿) や糞の片づけをしている時に

 

バクテリアのことなんて考えたことないですよ ?

 

 

 

 

とにかくですね、

 

魚を飼っていると

 

普段考えもしないようなことを考えなきゃいけない機会が多いのです。

 

 

 

 

 

病気になった時も大変。

 

ハムスターの場合は獣医という心強い味方がいる。

 

 

 

でも魚は診てくれる病院などないですから、

病気の診断も治療法の選択も薬の選択も、全部飼い主自らがしないといけません。

 

 

 

 

ど素人がするんですよ ?

 

 

もはや博打じゃん…

 

 

 

 

 

おまけに、薬は薬ごとに濃度が違う。

 

「水 30 L に対し、薬 1 ml 」

 

って説明書に書かれても困るのよね。

 

 

 

ええっと…隔離してるサテライトの用量は 0.7 L …

 

ってことは入れる薬は何 ml …… ???

 

 

 

 

買い物とか税金の計算さえできれば

 

人生困らないと思ってました (T_T)

 

 

 

 

 

熱帯魚を飼っていると

 

理科と算数をもっと真剣に勉強しておけば良かった (ノД`)・゜・。

 

と思わずにはいられません。

 

(大っっ嫌いだったの…)

 

 

 

 

 

「犬や猫を飼う自信はないけど魚くらいなら飼えそう」

 

と思っている人がいるならば

 

甘いぞ !

 

 

 

 

魚を飼うことの大変さは一つの記事では書ききれませんね。

それくらい調査と苦労と失敗の連続。

 

 

 

 

冒頭で書いたことを繰り返しますが、どんな動物も飼育は大変です。

 

 

 

私はまだハムスターは飼い始めたばかりなので、

私がハムスターの飼育の大変さを思い知るのは、きっともう少し先のこと。

 

 

ハムスターの寿命は短い。

 

病気になって病院に駆け込んだり、看病、介護が必要になったりした時に

熱帯魚とはまた違う苦労を痛感するのだろうと思います。

 

 

 

 

熱帯魚もハムスターも、これからも色んなことが起こるだろうけれど

 

変わらず楽しくお世話ができればいいなと思っています。

 

 

 

 

……… 強引にまとめてみました (苦笑)

(尻すぼみ記事…)

 

 

 

 

理系の方は魚の飼育が得意だったりするのでしょうか ?

 

非常に気になるところです (笑)

 

 

 

メイン水槽の白濁りとベタの尾腐れ、早く良くならないかなぁ… (ノД`)・゜・。

 

 

 

#ブログ #アクアリウム #ハムスター #熱帯魚

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カマラヌスを見つけて一年半

  • 2019.07.25 Thursday
  • 03:56

こんにちは。

最近万歩計の電池を入れ直しました。のばら です。

どーでもいいね。

 

 

 

アクアリウムの記事を書くのは久しぶりかしら。

 

 

色々ありすぎて、何があったか忘れたわ (;''∀'')

 

 

飼育ノートにはちゃんと書いているけれど。

 

 

 

 

アクアリウムを始めて丸二年が経ちました。

 

 

今までで一番大きな事件は、

 

 

 

吸血線虫カマラヌスを見つけたこと。

 

 

 

関連記事はこちら ↓  画像は若干閲覧注意ですよ。

 

「とてもショックな出来事」

 

「カマラヌスの出処」

 

 

 

 

記事にも書きましたが、

カマラヌスは駆除する薬が手に入れ辛く、非常に厄介。

 

 

 

一度見つけてしまうと

 

・被寄生魚を出しながら騙し騙し続けていくか

・生体を全部処分してゼロからやり直すか

 

という、究極の二択を迫られてしまいます。

 

 

 

私の場合前者の方法を選んで、今日まで続けているわけですが…。

 

 

 

意外と大丈夫です。

 

 

 

ただこれは、あくまでも私の場合。

 

 

 

カマラヌスを見つけて泣く泣く生体を全部処分した、という方もいらっしゃるでしょうし、

その人の場合はそれが最善だったかもしれない。

 

 

ですので、私が「意外と大丈夫」と感じているからといって、

他の飼育者さんに無責任に

 

「そのまま続けてみては ?」

 

などとは言えません。

 

 

 

 

もしかしたら

 

「カマラヌスを見つけてしまった、どうしよう」

 

と調べているうちに、このブログに辿り着いた方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

 

 

酷なことを言うようですが、

 

続けるかやり直すかはご自分で決めてください。

 

 

…それくらい、「そのまま続ける」という選択もリスキーだということです…。

 

 

 

 

 

さて、私がそのまま続けるという選択をした理由は、主に三つ。

 

 

 

 .マラヌスを発見した時点でそれなりの数の魚を飼って情も移っており、

  生体全部を処分という決断ができなかった。

 

◆ ̄燭茲薬を手に入れたとしても、薬に弱いコリドラスがいる以上、薬は使えない。

 

 「カマラヌスは卵胎生の魚に寄生しやすい」という情報を知り

  「グッピー以外の魚は寄生を免れるかもしれない」という可能性に賭けた。

 

 

 

薬を買うことも一応検討し、ヤ〇オクで割と安価で見つけたのですが

の理由に引っかかるため、購入も使用も断念。

 

で結局 に賭けるしかなかったわけです。

 

 

 

 

最初にカマラヌスを見つけた時から覚悟はしていましたが、

 

予想どおり、寄生されるグッピーがぽろりぽろり… (ノД`)・゜・。

 

 

大体 1 カ月に 1 〜 2 匹のペース。

 

 

 

 

大変不本意ではありますが、

何回かカマラヌスを見つけると私も段々発見に慣れてきて、

 

具合の悪いグッピーを見て

 

 

「あー…こいつカマラヌスにやられたな…」

 

 

と分かるようになってしまいました。

 

 

 

 

とは言え、赤いトゲ (=カマラヌス) の姿をはっきり確認するまでは

おいそれと処分するわけにもいかず、

 

とりあえず隔離だけして

 

 

 

「どうせいるんだろ !? わかってるぞ ! 出て来いや ! (# ゚Д゚)」

 

 

 

ってな感じで観察。

一応塩浴も試みたりもしますが。

 

 

赤いトゲを確認したら、即処分

 

 

 

 

それを 1 カ月に 1、2 度やるわけですよ。

 

 

 

気が滅入るよ、ほんと (ノД`)・゜・。

 

 

 

 

でもね、

 

今までグッピー以外の魚は寄生されたこと無いんですよ。

 

 

 

…いや、

 

カマラヌスが赤いトゲとなって生体から飛び出したことがあるのは、グッピーのみ

 

と言ったほうが正確かな。

 

 

 

 

原因不明のまま★になってしまった生体はいますが、

それらの生体からカマラヌスの姿は確認していません。

 

 

 

「卵胎生の魚に寄生しやすい」という情報は、

 

どうやら信ぴょう性が高いようで。

 

 

 

 

カマラヌス発見当時から同じ水槽にいるコリドラス・ステルバイとベネズエラ・オレンジは、

 

一年半経った今でも健在。

 

 

 

オトシン・クルスはカマラヌスとは別の原因で★になってしまいましたが、

 

一年以上元気でした。

 

 

 

ブルーテトラ水槽でヒレがボロボロになったブラックファントム 3 匹は

メイン水槽に引っ越ししてから、ヒレが綺麗に自然治癒。

 

 

同じくブルーテトラ水槽で痩せていたプリステラも、

水槽を引っ越してから自然に丸々と太り、今では我が物顔で悠々と泳いでいます。

 

 

 

 

元気に泳ぐコリドラスやファントムたちを見ていると、

 

 

「生体全処分しなくて良かった…」

 

 

と思わずにはいられません。

 

 

 

 

そして、一体どういうわけなのか

 

もう 10 カ月以上、赤いトゲと化したカマラヌスを見ていません。

 

 

 

 

 

時系列で書きますと

 

 

2018 年 2 月  カマラヌスの疑い (解剖する勇気がなく特定に至らず)

 

        3 月  カマラヌスと特定 (解剖)

 

        4 月 〜 9 月  月一、二度のペースで寄生されたグッピーを発見、処分

 

        9 月  カマラヌスを持ち込んだお店を特定。

            以降この店では一切グッピーを購入せず。

 

 

 

以上。

 

 

 

現在 2019 年 7 月。

 

 

 

なぜあいつは突如姿を現さなくなったのか。

 

 

 

意味がわかりません。

 

 

 

 

 

もちろん、2018 年 9 月 以降も、原因が突き止められないまま★になったグッピーはいます。

 

目視できなかっただけで、実はグッピーのお腹の中でカマラヌスが蠢いていて、

グッピーを死に至らしめたのかもしれません…。

 

 

 

でも少なくとも、

 

赤いトゲとなって姿を現すところまで成長しきってしまったカマラヌスは見ていない。

 

 

 

 

加えて言うと、

 

去年の 7 月に生まれたグッピーのうち、メス 2 匹が今でも健在。

 

 

 

 

寄生されるどころか、

 

普通に寿命の半分を迎えとるやんけ。

 

 

 

 

生体全処分しなくて良かった (ノД`)・゜・。

 

 

 

 

 

くどいようですが、あくまでもこれは我が家の場合。

 

 

 

 

グッピーを飼っている限り、いつまたあの憎き赤いヤツが姿を現すのかと、心配は続きます。

 

 

原因が特定できないまま★になる魚がいると「もしや寄生されていたのか ? 」と

不安になります。

 

 

怖すぎて高価な魚が入れられません (ノД`)・゜・。 

 

 

 

(ノД`)・゜・。

 

 

 

 

本当は国産グッピーも飼ってみたいんだよ。

 

コリドラス・イルミネータスとか飼ってみたいんだよ。

 

 

 

でもカマラヌスの幼体が潜んでいるであろう水槽には

 

怖くて入れられないんだよ !!!

 

 

 

 

せっかく飼育スキルが上がっても、

 

飼ってみたいと思う魚が思うように飼えない。

 

 

これが結構辛いです。

 

 

 

 

あとね、水槽に新しい生体を足す時、それなりに罪悪感を感じます…。

 

「なんでカマラヌスがいる水槽に、みすみす新しい生体を足すの ? 」

 

と怒られても、言い訳ができません…。

 

 

 

 

魚が最後の一匹になるまで新しい生体は一切足さず、

最後の一匹を見届けてから、水槽をオールリセットする

 

という方法も考えました。

 

 

 

でも、私が飼っている魚は、寿命の長いもので 5 年。

 

 

 

向こう 5 年も、一切生体を足さずに

 

一匹、また一匹…と魚が減っていくだけのアクアリウムを続けていくのか …?

 

 

 

 

そんなの待てない (ノД`)・゜・。

 

 

 

 

仕方がないので、「卵胎生の魚のほうが寄生されやすい」という情報を信じ、

 

足す時はもっぱらカラシン科。

 

 

 

 

「そのまま維持する」という方法は、

 

 

それなりのリスクと

 

それなりの制限と

 

それなりの罪悪感

 

 

があるのです…。

 

 

 

 

 

ですから、万が一カマラヌスを見つけてしまったら

 

これから先数年のことも視野に入れて

 

 

自分で決定してください。

 

 

 

私はこのままいきます…。

 

 

 


最初に書きましたが、

 

薬を入手してカマラヌスをやっつける

 

という方法も、あるにはありますよ。

 

 

 

自分には縁のなかった方法なのでほとんど触れませんでしたけど。

 

 

 

どんな方法を選んでも、厳しいです。

 

 

 

あいつマジ滅びろ (# ゚Д゚)

 

 

 

 

#アクアリウム #熱帯魚 #吸血線虫 #カマラヌス #グッピー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山口旅行レポート (3)

  • 2019.06.30 Sunday
  • 04:36

 

 

こんにちは。

最近やる気が出ない のばら です。

五月病かと思っていたけど、6 月になっても続いています。

ただのぐうたら疑惑。てへ(*^^*)

 

 

 

 

一泊二日の山口旅行レポート、最終章。

 

 

 

二日目、天気と元気が良ければ角島や下関まで行きたかったんですけど、

 

一日目の秋芳洞で想像以上に体力を奪われてしまいまして。

 

 

 

下関まで行くと復路に 5 時間以上の運転…

 

 

 

体力的にそこまでの弾丸旅行は厳しいし、

 

前日から降り続いていた雨のせいで 

角島に行っても真っ青な海は見られないだろう、ということで

西に向かうのは断念。

 

 

 

 

私は城下町をぶらついたり萩焼を見に行ったりしたかったのですが

 

夫が 「城下町も焼き物も興味が無い」 とか言いやがるので

 

 

 

もう帰ることにしました。

 

 

 

 

(ノД`)・゜・。

 

 

 

 

とは言え、チェックアウトしてすぐ帰路につくと

午後の早い時間に岡山に到着しちゃう。

 

 

 

せっかく旅行に来たのにそれは勿体ない、ということで

 

急遽、動物園と水族館を検索。

 

 

 

 

とにかく好きなんですよ。

 

動物園と水族館が。

 

 

お金と時間と体力があれば、全国の施設を制覇したいくらいに。

 

 

 

 

岡山に向かって高速を走り、途中広島で降りて動物園に行って

それからどこかでお好み焼きを食べて帰れば時間的にちょうど良さそう。

 

 

 

 

ということで、

 

 

広島県の安佐動物公園に立ち寄りました。

 

 

 

 

結論から言おう。

 

 

 

 

安佐動物公園、最高に楽しい !!

 

 

 

 

 

園に入ってすぐ出会った動物が、こちら。

 

 

 

 

ハイラックス と言います。

 

 

金網が邪魔でわからないと思いますがね、

 

 

 

たまらない可愛さですよ、これ !!!!

 

 

 

調べてみたところ

集団行動 をする動物らしくて、

 

コロコロした赤ちゃんが 2 〜 3 匹くっついて、ちょこちょこ動き回るんですよ。

 

 

1 匹が走ると、その後ろを数匹がくっついて、てててーてててーと移動。

 

 

 

 

もーたまらん (*´ω`)

 

 

 

 

初めて見た動物だったのですが、

 

あまりの可愛らしさに、あっという間に恋に落ちました。

 

 

ハイラックスのために年間パスポート買いたいくらいですよ。

 

 

 

広島県広島市安佐。 なんて素敵な所なの (*´ω`)

 

 

 

 

興味を持たれた方、ぜひ

 

「ハイラックス 動物」

 

で画像の検索をしてみてください。

 

 

この愛らしさに虜になる人が多数いる模様。

 

 

 

ちなみに、検索ワードには「動物」の文字を入れないと、

ト〇タの自動車が出てきちゃいますよ (笑)

 

 

 

 

ずっとハイラックスばかり見ているわけにもいかないので

仕方なく進む。

 

 

 

………。

 

 

 

ハイラックスのインパクトが強すぎて、ほかに何を見たか忘れました (;´Д`)

 

 

 

 

 

シンクロするペリカン。

 

ペリカンって間近で見るとけっこう迫力あります。

鳩を丸呑みする奴らですからね…。

 

 

 

 

夫が 「あ、ダチョウだー」 と言ってましたが

 

違うよ、エミューだよ。 (←得意げ)

 

 

 

 

 

 

 

カメラを向けるとバッチリカメラ目線で近づいてきてくれた、シマウマたち。

 

カメラを向けるまでは散り散りだったんですよー。

 

シマウマにはあまり興味がない (失礼) のですが、このコたちは可愛かった♡

 

 

 

 

順路通りに周って、たどり着いたのが爬虫類コーナー。

 

 

ツチノコ。

 

 

 

ごめんなさい、嘘です。

 

 

 

名前は失念したけど、トカゲの仲間。

 

ものすごーく変な形じゃないですか ??

 

ツチノコなんて見たことないのに、何故かツチノコにしか見えなくて。

 

 

 

「これはどう見てもツチノコだよね」

 

と夫に繰り返し言ってたせいで、本当の名称を忘れてしまいました (;´Д`)

 

 

世の中にはまだまだ私が知らない動物がいるなぁ…。

 

 

 

 

 

なんとかカイマン。

 

 

…すみません、名前忘れました (;´Д`) (忘れすぎ)

 

 

 

体型に妙な親近感 (苦笑)

 

 

 

カイマンとワニの違いってなんですかね ?

今度調べてみよう…。

 

 

ワニ好きなんですよね。

なんかゴツゴツしてて恐竜っぽくて。

 

でも動物園や水族館に行っても、意外とワニって見かけない。

飼育が難しいのでしょうか ?

 

今回出会えたカイマンも小柄でしたが、見ることができて満足です♡

 

 

 

爬虫類ゾーンを出たあと、順路どおりに行けば

次は猛獣ゾーンとフクロウのコーナー。

 

 

 

私が大好きなエリアじゃん !!

 

 

 

と思ったら、ここで

 

「閉園まであと 20 分」

 

の園内アナウンス。

 

 

 

 

ああ、無情 (ノД`)・゜・。

 

 

 

 

安佐動物公園、

 

思った以上に充実してて広いんですよ !!

 

 

 

 

あらかじめ広さがわかっていれば、もう少し時間配分を考えたのですけど !

 

 

 

あとね、

 

最初に見たハイラックスで時間を使いすぎましたね。

 

 

だってめちゃくちゃ可愛かったんですもん…。

 

 

 

 

 

猛獣ゾーンは足早に抜け、フクロウのコーナーは諦めました。

 

フクロウ見たかったよー (ノД`)・゜・。

 

 

 

これから安佐動物公園に行く方、時間には余裕を持ってお回りくださいね。

 

 

 

 

閉園ギリギリに安佐動物公園を出て、夕飯は広島のお好み焼き屋さんへ。

 

 

夫が広島風を食べたことがないと言うので。

私もお店で食べるのは学生の時以来かな。

 

 

 

具材と味がギュッとつまってて、大変おいしゅうございました。

 

 

 

………。

 

 

 

美味しいものは美味しい以外になんと表現すればいいんですかね ?

 

 

 

とにかく美味しかったとしか言葉が出ない…。

 

ほんと、食レポは無理。

 

 

 

 

岡山にもお好み焼き屋さんはありますが、大半は大阪風。

広島風のお店も増えて欲しいですねぇ。

 

 

 

お腹を満たしたあとは、高速で岡山へ一直線。

 

 

 

めっちゃ疲れました (;´Д`)

 

 

こんな弾丸旅行になるとは思わなくて。

 

 

 

でも、見たいものを見て、食べたいものを美味しく食べて、

大変充実した旅行でした。

 

 

 

広島も山口もとってもいい所♡

 

今回行きたくて行けなかった所がたくさんあるので、

またいつか、もっと時間をかけてゆっくり旅行してみたいですねー。

 

 

 

 

ということで、長々書いた旅行レポートはこれにてお終い。

 

 

 

 

後半なんだか急ぎ足で申し訳ない。

ブログはやる気に波があんのよ。ごめんなさいね m(__)m

 

 

 

あ、動物園に行く方は、春がオススメですよ !

出産シーズンで赤ちゃんがいっぱいいますから !

次にどこかの動物園に行く時も絶対春に行くわ♡

 

 

 

 

ではでは。気が向いたらまたブログ見てね〜。

 

 

 

#広島県 #山口県 #旅行 #安佐動物公園

 

 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM