ヘビ映画の違和感

  • 2019.09.25 Wednesday
  • 01:12
評価:
価格: ¥ 1,000
ショップ: 楽天ブックス

 

 

こんにちは。

とうとうエクササイズマシーンを買ってしまいました のばら です。

あと水着も。

体重崖っぷち。

 

 

 

 

みなさん、ヘビは好きですか ?

 

 

私はわかりません。

 

 

ヘビ映画めっちゃ見ます。

でも飼いたいとは思いません。

 

 

動物園ではヘビのコーナーに居座ります。

でも庭で不意に出会うとぎょっとします。

 

 

好きなのか嫌いなのか、どっちだろう ??

 

 

 

ヘビ映画はそこそこの数見ましたが、「好き」「おもしろい」と思えるのは

 

「アナコンダ」と「スネーク・フライト」

 

の二つだけ。

 

 

 

あとはどれもイマイチ。

 

 

 

 

低予算映画はそんなもんかな〜と漠然と思っていましたが

ちょっとしたきっかけで

 

 

大半のヘビ映画がおもしろくない理由

 

 

に気付いたので、今日はそのしょーもない話を若干上から目線でしますよ。

 

 

 

 

 

暖かい時期って、ヤモリが出没しますよね。

 

 

 

最近たまたまヤモリのハンティングシーンを目にしたのですが、

 

 

素早い !!

 

 

 

 

獲物に狙いをつける時に時間をかける動物は結構います。

 

 

 

カメレオンとか

ハシビロコウとか

カラカルとか

鮭を狙っている時の熊とか。

 

 

 

 

でも、ハンティング自体は一瞬。

 

 

シャッと捕まえて、パクッと口に入れちゃう。

 

 

 

 

ヤモリのハンティングシーンを見ながら、

 

 

「早いよな〜。大抵こんな感じだよな〜。

 獲物をじわじわと飲み込む不気味な食べ方するのって、ヘビくらいじゃないかしら。」

 

 

 

 

……… !!!???

 

 

 

 

そうか !! ヘビの独特の魅力 (?)は

 

ここにあったのね !! Σ( ̄□ ̄|||)

 

 

 

 

 

ヘビも狙いを定めるのには時間をかけるし、捕まえるのは一瞬だったりしますけど。

 

 

 

その後の食べ方が独特な気がするのよね。

 

 

 

獲物にぐるぐると巻き付き

全身の筋肉で締め上げて窒息させて骨を折り

かぱぁーっと口を開けて、獲物を頭からゆっくりと丸呑みしていく…

 

 

 

 

怖い。怖すぎる。

 

 

 

 

飲み込んだ後も怖いよね。

 

犠牲になった獲物が、ヘビの体のどこを移動しているのかわかるんだもの。

 

 

 

実際にヘビが獲物を飲み込んだ後の姿を見たことがある人はいるかしら。

 

 

不自然にびよ〜と伸びる縞模様、銭形模様。

(シマヘビとマムシを見たことがあるの。)

 

 

 

 

ほんっとうに不気味よ。

 

 

でもそれでこそヘビなのよ !

 

 

 

 

人間はそんな食べ方、しないじゃない ?

 

 

 

自分が飼ってる可愛い犬や猫がそんな食べ方でエサを食べたら

 

大抵の飼い主は気絶すると思うわ。

 

 

 

 

 

ヘビはあの独特の雰囲気と能力があってこそのヘビなのよ。

 

ほとんどのヘビ映画は、そのヘビ独特の不気味さがないからつまらないのよ !

 

 

 

 

すごい発見だわ !! 私的に !!

 

 

 

 

 

「アナコンダ」には、そのヘビの魅力があったのね。

 

 

悪役 ジョン・ボイト がヘビに捕まって

 

ぐるぐる巻きにされて

ギリギリと絞められて

顔の骨が折れて歪んで

頭からゆっくりと丸呑みされて

その後胃酸で溶けかけた体を吐き出される

 

 

 

ぎええぇぇぇぇ―――― !!! Σ( ̄□ ̄|||)

 

 

 

書いてるだけで怖いわ !!!

 

 

 

 

 

「アナコンダ2」も悪くはないけど、「2」はそもそもヘビの出番が少ない。

 

「3」と「4」は駄作よ。

 

 

 

 

科学実験のせいで巨大化、狂暴化したというお決まりの設定に加えて

 

ヘビの尻尾にトゲとかついちゃって。そのトゲで獲物を串刺し。

 

牙 ? 歯 ? で丸かじり。

 

 

 

 

ヘビ映画の意味なし。

 

 

 

そりゃつまらないはずよね〜。

 

 

 

 

 

もっと酷い映画になると、

 

ヘビが蛇行しないでナメクジかムカデのように移動している場合もあるわよ。

 

 

 

 

蛇行 !  蛇行しましょうよ ! ヘビなんだから !

 

とぐろ巻いたり、鎌首もたげたりしましょうよ !

 

ヘビなんだから !

 

 

 

 

 

ヘビの特徴を無視して映画を作るなら

 

ウナギでもドジョウでもオオサンショウウオでもいいじゃないの、ねぇ ?

 

(ちなみに、ウナギのB級映画は実際にあるわよ・笑)

 

 

 

 

 

あと毒とかもうちょっと有効に使って欲しいわよね。

 

ガラガラヘビやコブラの特徴なんかも取り入れて欲しいわ。

 

なんでもかんでも、巨大化狂暴化させとけばいいってもんじゃないと思うの。

 

 

 

 

 

ヘビ映画がイマイチつまらないのは、

 

ヘビの能力と雰囲気を生かし切れていないからなのね、きっと。

 

 

 

 

ヘビ好きさんがB級ヘビ映画を観たら、

 

「コレジャナイ感」半端ないんだろうな〜。

 

感想を聞いてみたいですね。

 

 

 

 

ここ数年はサメ映画ブーム。

 

サメ映画も大好物ですが、そろそろ他のモンスターパニック映画も見たいです。

 

その動物の能力をできる限り活かした設定にしていただきたいですな。

 

 

 

 

…無理かな (´Д`)

 

 

 

 

あなたはB級に何を求めているんだ、って言われそうですね (苦笑)

 

 

 

 

…ところで今回の記事、字面だけ見たら 

 

私相当ヤバイ人じゃない ?

 

物騒なフレーズの羅列 ( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

それだけヘビの能力が独特で優れているってことよ。

 

 

おもしろいヘビ映画があったら教えてくださいな〜。

 

 

 

 

#ブログ #映画 #B級映画 #アナコンダ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM